| ホーム | 収蔵資料検索 | ご利用案内 | 交通アクセス |

『高岡銅工ニ答フル書』  タカオカドウコウニ コタウルショ


表紙表紙 初めのページ初めのページ

本文最後のページ本文最後のページ

林忠正(1853-1906)著
縦27.3cm × 横19.0cm
明治19年(1886)3月9日
「林忠正草稿」用箋17枚綴
長崎圭爾氏寄贈


 高岡銅器の名工・白崎善平は輸出の不況を憂い、パリの林忠正に対策の教示を請うた。忠正は高岡出身で、西洋と日本との美術文化交流に寄与した美術商。本資料はそれに答えたもので、世界的視野から当時の日本美術工芸の傾向及び海外輸出の現況を分析し、「西洋人の『用』を考えた機能と形態の重視が必要である」などと助言をしている。
 本書はその成立に至るまでに幾つかの段階を経ている。忠正がパリで書いたとされる草稿は、その題を『高岡銅器維持ノ意見』といい林家に伝世している。その草稿は忠正の弟らの仲介で、「旧師笹原両先生」の推敲を経て、何冊か浄写されて白崎をはじめ親戚などに配布された。本書はそのうち、忠正の実家である長崎家に伝わったものである。また「旧師笹原両先生」とは高岡の教育家・笹原(のち原と改姓)北湖(雀斎)・遂初父子のことと思われ、この推敲により全体に表現が穏便に変更されている。
 また本書は龍池会(日本美術協会の前身)会員・山本五郎により、『龍池会報告』第20号(明治20年1月20日)、同第21号(同年2月20日)に2回分載もされている。



林忠正(個人蔵)林忠正(個人蔵)

【林 忠正】
生没年:嘉永6年(1853)11月7日〜明治39年(1906)4月10日

 忠正は高岡一番町の蘭方医者・長崎言定の二男に生まれる。幼名・重次(志藝二)。富山藩大参事・林太仲(忠敏)の養嗣子となり、林忠正と名乗る。上京し大学南校(現東大)でフランス語を学ぶが、明治11年(1878)、大学を中退しパリ万博の通訳として渡仏。起立工商パリ支店に入社したが、同16年(1883)に独立した。
 忠正は日本の美術工芸品や浮世絵などを大量に輸出し、日本美術研究者や印象派の画家らに多大な影響を与え、当時ヨーロッパで巻き起こっていたジャポニスム(日本ブーム)の"発信源"として活躍した。それはのちにアールヌーボーの成立につながっていくことになる。その一方、印象派の絵画を初めて日本に紹介するなど、西洋美術の普及に尽力した。
 明治33年(1900)のパリ万博には民間人として初めて事務官長を務めた。



〔参考文献〕
・定塚武敏『画商林忠正』北日本出版社,1972
・定塚武敏『海を渡る浮世絵〜林忠正の生涯〜』美術公論社,1981
・木々康子『林忠正とその時代―世紀末のパリと日本美術』筑摩書房,1987
・藤井素彦「工芸の座―林忠正のおしえ」(高岡市美術館ニュース「PATIO」7号,1998)







このホームページ内の内容、画像の二次利用は固くお断りします。

原本作成日:2002年7月1日;更新日:2015年3月28日