| ホーム | 年間スケジュール | 収蔵資料検索 | ご利用案内 | 交通アクセス |

(1) 展覧会の開催


●常設展「高岡ものがたり −楽しく知ろう!ひらめき・ミュージアム−」
 【チラシ(表)】 【チラシ(裏)】

 高岡市の歴史・民俗・伝統産業などをジオラマ、タペストリー、映像、各種体験コーナーなどで分かりやすく紹介しています。また「民具コーナー」、「お宝コーナー」では適宜展示替えを行ないながら、更なる充実を目指して開催します。
 ・会  期:2019年4月1日(月)〜2020年3月31日(火)〔通年開催〕
 ・開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ・会  場:本館 常設展示場
 ・入 館 料:無料
 ・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(12月29日〜1月3日) ※高岡御車山祭りが開催される5月1日(水)(高岡の歴史文化に親しむ日)は特別開館します。

【お宝コーナー】

@「国産第1号の電気釜 −新収蔵民俗資料−」
  会期:2019年3月30日(土)〜6月2日(日)
 開催中の館蔵品展「昔の道具とくらし」(〜5/6)にちなみ、新たに収蔵された、新品未使用で国産第1号東芝製電気釜(炊飯器)など6点を展示します。
【展示資料】
(1)電気釜  昭和30年(1955)、東芝製、共箱付[新品未使用]
(2)水枕  昭和51年(1976)以降、ダンロップ・ホームプロダクツ製、共箱付
(3)アルミ製鉄瓶  昭和30年代、北陸銅器株式会社(高岡市)製
(4)高岡市東下関第十二班 班旗  昭和前期、[出征兵士の見送りや葬儀等に使用]
(5)映画「英傑秀吉」ポスター(高岡市小馬出町「日の出館」)  昭和4年(1929)、日活、池田富保監督
(6)「高岡 帝国館週報」(映画チラシ)  昭和17年(1942)、帝国館(高岡市小馬出町)、映画「あの山越へて」・「素晴らしき結婚」等

A「新1万円札の顔・渋沢栄一の書簡」
  会期:6月8日(土)〜8月12日(月・祝)
 新1万円札の顔に決まった日本近代資本主義の父・渋沢栄一書簡(上松徹氏蔵)を再展示します。この書簡の宛先は高岡市のものとなる予定の旧高岡共立銀行(赤レンガの銀行)支配人宛で、渋沢が信奉した二宮尊徳の言葉「積小為大(しょうをつみてだいとなす)」を引用しながら、銀行経営を戒めています。渋沢の考え方の一端がうかがえる貴重な書簡です。
 また、この度新発見された、渋沢書の2点の扁額(下記)も併せて展示します。
 ・菅池英二氏蔵「月移花影上欄干」
 ・鎌谷克彦氏蔵「博施於民而能済」

B「ものを象る 〜高岡ゆかりの彫刻資料〜」
  ・会期:10月5日(土)〜12月8日(日)
 当館が収蔵する高岡ゆかりの彫刻資料を展示・紹介します。




●館蔵品展「昔の道具とくらし」(昨年度より継続)

 【ポスター】 【出品リスト
 当館では長く後世に高岡の歴史文化を伝えるために、日頃、郷土の歴史・民俗・伝統産業などに関わるさまざまな資料を収集しています。収集したそれらの資料は調査・整理し、適切に保存・管理して、その成果を展示や教育普及(講演・講座など)、情報公開などに幅広く活用しています。
 本展では、当館が収蔵する衣・食・住をはじめとした古い生活道具類「民具」に焦点をあて、それぞれの民具がもつ歴史や用途に加え、その時代を生き抜いた人々の暮らしぶりについて展示・紹介します。明治・大正・昭和・平成と時代が進むにつれ、私たちの生活様式も大きく変化してきました。そうした変化を、民具をとおして当時の生活を再発見していただく機会になればと考えております。

 ・会  期:2019年4月1日(月)〜5月6日(月・振休)
 ・開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ・会  場:新館 第1・3企画展示室
 ・入 館 料:無料
 ・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)
   ※高岡御車山祭りが開催される5月1日(水)(高岡の歴史文化に親しむ日)は特別開館します。

★展示説明会(全3回のうち2回は昨年度)
 ・日 時:2019年4月20日(土) 各日14:00〜14:30
 ・参加無料(申込不要)




●特別展「高岡開町410年記念 前田利長書状展」

 【チラシ】
 高岡は慶長14年(1609) 9月13日に加賀前田家2代当主・前田利長(1562〜1614)によって開町され、2019年は410年の節目にあたります。
 慶長14年3月、利長が隠居していた富山城は焼失します。翌月、幕府から許可を得て、当時「関野」といわれていた原野に城と城下町の造成を開始しました。それ以降、利長は9月に入城するまで多くの書状を出して造成を指揮しており、早急に高岡に入城したいという並々ならぬ熱意をうかがうことができます。
 もともと利長は筆豆で多くの書状が残されており、最近の研究では約1,600通を超える書状が確認されています(大西泰正氏による)。内容も公私にわたり多様で、当時の政局や制度・慣習をはじめ、利長の性格がうかがえるものなどもあります。
 本展では初公開史料のほか、当館が収蔵する前田利長の書状を中心に展示・紹介します。

 ・会  期:2019年7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
 ・開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ・会  場:新館企画展示室
 ・入 館 料:無料
 ・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)

☆会期中のイベント
 特別展の理解をより深めていただくため、前田利長に関する3連続の講演会を開催いたします。
◎詳しくはこちら→郷土学習講座へ

《展示説明会》
 ・日 時:2019年8月3日(土)、9月7日(土)、10月5日(土) 各日14:00〜14:30
 ・参加無料(申込不要)





●館蔵品展「新収蔵品あれこれ」

 【ポスター】 / 【出品リスト】
 本展では近年当館に新たに収蔵された博物館資料を展示・紹介します。
 ・会  期:2019年11月2日(土)〜2020年1月13日(月・祝)
 ・開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ・会  場:新館企画展示室
 ・入 館 料:無料
 ・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)





●館蔵品展「昔の道具とくらし」


 本展では当館収蔵資料のうち、古い生活道具類「民具」を展示・紹介します。
 ・会  期:2020年2月1日(土)〜3月31日(火)
 ・開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ・会  場:新館企画展示室
 ・入 館 料:無料
 ・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)

★展示説明会
 ・日 時:2020年2月1日(土)、3月21日(土) 各日14:00〜14:30
 ・参加無料(申込不要)







(2) 講座、講演会の開催


●郷土学習講座(全3講)

 【チラシ】
特別展「高岡開町410年記念 前田利長書状展」(7/27〜10/14)の開催にちなんで、前田利長に関わる様々な話題について紹介いただく連続講座を開催します。
  皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

〔第1講〕
 ・演 題:「前田利長菩提所の成立過程」
 ・講 師:萩原 大輔氏(富山市郷土博物館主任学芸員)
 ・日 時:7月27日(土) 14:00〜15:30(開場は13:00)

〔第2講〕
 ・演 題:「慶長4・5年の前田利長」
 ・講 師:見瀬 和雄氏(金沢学院大学名誉教授)
 ・日 時:8月31日(土) 14:00〜15:30(開場は13:00)

〔第3講〕
 ・演 題:「前田利長の書状を読む」
 ・講 師:大西 泰正氏(石川県金沢城調査研究所所員)
 ・日 時:9月28日(土) 14:00〜15:30(開場は13:00)


 いずれも、
 ・時 間:14:00〜15:30(開場、及び整理券配布は13:00から)
 ・会 場:博物館3階講堂
 ・定 員:80名(先着順・申込不要)
 ・受講料:(一般)300円 (親しむ会会員)200円




●古文書講座「初めての古文書教室」(全6講)

【チラシ】
 古文書(こもんじょ)は貴重な歴史の証言者です。古文書をひもとくことにより、郷土の歴史を再発見してみませんか?
 受講修了者のうち希望者には、現在活動中の「高岡古文書ボランティア」(博物館に親しむ会の部会)に参加していただき、実物の古文書に触れながら、郷土の貴重な古文書を調査・整理していただきたいと考えています。
 興味のある方はぜひお越しください。
 
・日程(全6講)
 〔第1講〕 9月12日(木)
 〔第2講〕 9月26日(木)
 〔第3講〕10月10日(木)
 〔第4講〕10月24日(木)
 〔第5講〕11月 7日(木)
 〔第6講〕11月21日(木)

 ・時  間:14:00〜15:30
 ・講  師:仁ヶ竹副主幹学芸員
 ・会  場:当館3階講堂
 ・受 講 料:2,000円 ※親しむ会会員は200円割引
 ・対  象:古文書解読初心者の方
 ・定  員:60名(申込順。定員に達し次第締切)
 ・申込期間:8月14日(水) 9:00〜
 ・申込方法:@電話AFAXBメールいずれかの方法で、住所・氏名・電話番号、親しむ会入会の有無をお知らせのうえお申し込みください。






(3) 屋上開放、呈茶の会の開催


●屋上開放「古城公園展望台」


【チラシ】

 古城公園内の桜が満開となる時期にあわせて、博物館の屋上を時間限定で開放します。日頃は上がることのできない博物館屋上から見える一面の桜をお楽しみください。
※雨天中止
・日時:3月30日(土)〜4月7日(日) 10:00〜15:00
(4月1日(月)は休館日のため、閉鎖しております)
・入場料:無料

★会期中イベント
@高岡観光ガイドボランティア「やまたちばな」による屋上解説
・日時:3月30日(土)〜31日(日) 10:00〜15:00
    4月 5日(金)〜 6日(土) 10:00〜15:00
Aパープル「さくらカフェ」(コーヒー販売)
・日時:4月 5日(金) 11:00〜14:00(なくなり次第終了します)





●呈茶の会「松聲庵 ―博物館で抹茶を楽しみませんか―」(春)


【チラシ】
 桜の季節、春のうららかな陽差しが降り注ぐ古城の杜の中のお茶室で、のんびりとお茶席をお楽しみください。

 ・日 時 4月6日(土) 10:00〜15:00
 ・参加料 400円(お茶とお菓子)※茶券は当日受付にて販売します(事前申込不要)。
 



●呈茶の会「松聲庵 ―博物館で抹茶を楽しみませんか―」(秋)


【チラシ】
 紅葉の季節、さわやかな秋の陽差しが降り注ぐ古城の杜の中のお茶室で、のんびりとお茶席をお楽しみください。

 ・日 時 11月2日(土) 10:00〜15:00
 ・参加料 400円(お茶とお菓子)※茶券は当日受付にて販売します(事前申込不要)。







2018年度「年間スケジュール」はこちらへ


このホームページ内の内容、画像の二次利用、直接のリンクは固くお断りします。
原本作成日:2019年2月20日;更新日:2019年11月13日